そろそろコンタクトレンズを使って遊ぶ方法

このサイトでは独自の調査に基づく情報をまとめて記載しました。

コンタクトレンズを装用した場合は涙液への酸素の透過が阻害されるため結果的に角膜へも酸素が供給されにくくなり角膜への負担になる。角膜とコンタクトレンズの間の距離がゼロに近いという特性により、眼鏡に比べて像のゆがみや大きさの変化が少ない。個人差があり、相当な強度や左右差がある場合であっても、眼鏡で矯正できる者もいるが、頭痛や眼精疲労を伴うために長時間装用できない者も多い。このような場合はコンタクトレンズが好適である。また、使用期限を守る、角膜に直接装着するため、裸眼と変わらない広範囲の視界を得られる上に、眼鏡のようにずり落ちたり結露でレンズが曇ったりするという煩わしさがほとんどない。装用時間を守る、といった美容・美観上の利点を目的とする者もいる。自覚できる異常が無くても定期的に医師の検診を受けるなど、医師の指示を守って正しく使用することが何よりも重要である。

最新のコンタクトレンズ